BBクリーム、CCクリーム、DDクリームの違い | 健康と美容の秘訣ナビ

BBクリーム、CCクリーム、DDクリームの違い

BBクリームの「BB」はBlemish(傷)Balm(香油)の頭文字で「傷や欠点を補うクリーム」を意味しています。もともとは美容医療を受けた患者の皮膚を保護して炎症を抑えるために開発されたもので、術後の皮膚処理の目的のクリームでした。美容整形の盛んな韓国がBBコスメがブームの発端だったのは自然な成り行きだったといえます。

BBクリームの元々の起源はドイツでした。1960年頃ドイツで患者の術後の肌をケアするために考案されたものなのです。日本や韓国に伝わったのは1985年ですから、ドイツでの開発から25年も後だったのですね。

当初は医療現場でのみの使用でしたが、再生・保湿・保護という美肌にかかせない効能を持つため、BBクリームは美容液として大いに発展しました。朝の忙しい時間帯に手早く、しかもキレイにお化粧ができるということが人気の秘密のようですね。

最近のBBクリームは、美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止めの機能がすべて一つになった、いわゆる「オールインワン」が売りとなっています。

BBクリームが進化したものとして話題のCCクリームはカバー力はやや控えめのものが多いのですが、使い心地はより軽く、肌の色をキレイに補正し、スキンケア効果も高いのが特徴です。マルチな効果がある化粧下地と考えていいでしょう。

“CC”の意味は、“Color Control”、“Complete Correction”などメーカーによって様々です。

BBクリームが人気となった背景としては、やはり一つのクリームを塗るだけで、これらの機能が全てのカバーできるという、手軽さが挙げられるのではないでしょうか。

メークにかける時間が無い方はもちろんのこと、メークすることそのものに対してあまりこだわりや興味がない方の中でも「とりあえず日焼け対策と保湿対策に塗るもの」として、BBクリームの需要が高まっているとも言います。

こうしたBBクリームの流行の背景には、メークは、いまや派手な女性だけが行うものではなく、女性なら誰でもする習慣になったのだということが分かります。

DDクリームとは?米国のネイルをはじめとしたコスメブランド『JULEP』がDDクリームを発売。同ブランドによるとDDクリームは“Dynamic Do-all”の頭文字で、革新的なオールインワンという意味し、BBクリームの保湿力、下地効果、カバー力をパワーアップさせたものだとのことです。

アンチエイジングの特許成分がシワや毛穴を目立たなくさせ、ハイビスカスとオリーブのエキスが肌をたっぷり保湿させてくれるそうです。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

足のむくみの悩みが解消しただけでなく、小顔になったと言われて感激!!
スラリ【Su.Ra.Ri】というサプリです

?私の体験談をお読みください?
私も半信半疑でしたがやってみたら本当に大きくなって勝利の涙!!
日本で一番売れているそうです

?私の体験レビューはこちら?
エレクトーレの2週間セットが割安なので購入しました。
3本の中でフェイストリートメントモイストが特によかったです!!

?私の試用レポートはこちら?
『二十年ほいっぷ』を使っています
くすみが取れてメイクが長持ちするようになりました

?私の試用結果はこちら?
ユーリッチのオールインワンジェルのトライアルキットを衝動買いしました
「ブライトコントロール」には感激!

?私の試用結果をご覧ください?
ぽっちゃり体型だった友人がいつのまにか私よりスリムになって驚きました

骨盤ダイエットって凄いんですね!
?たった500円で体験できるオトク情報はこちら
アーカイブ
プロフィール
3月に23才になったリケジョOLのmomokosumeです。スキンケアを中心にビューティ全般の話題をお届けしてまいります。このブログは二人の姉 saoriとayakaと一緒に作っていますが、わたしが管理人になりました。母のkeikoも時々投稿してくれます。4人がいろんな形で使ったことのある商品のレビューはご参考になると思います。記事へのコメントをお待ちしております。